Sat.

賢い航空券の買い方~ストップオーバー/オープンジョーを活用せよ~

賢い航空券の買い方part2~ストップオーバー/オープンジョーを徹底活用~

part1から1カ月以上経ってしまった。
まあ気を取り直して!

1、ストップオーバー/オープンジョーを徹底活用
トラベルコちゃん等を見てるとストップオーバー/オープンジョーという文字を見て「?」という方もいるはず。

安くいろんなところに行きたい、という人はストップオーバー/オープンジョーを活用しましょう。

オープンジョーとは
オープンジョーとは、行きと帰りの都市を別にすることです。
例えばヨーロッパを周遊したいと思ったら、帰りに同じところに戻るんじゃなくて
例えば行きはフランクフルトに着いて、帰りはパリから帰る、という風にした方がお得ですよね。
バックパっカーの人なんかはこれを利用してる人が多いんじゃないかと思う。
「どこInでどこOutですか?」っていう会話をよくききます。

ストップオーバーとは
例えばペルーに行きたい時、日本→ペルーの直航便というのはありません。
アメリカのマイアミやシカゴで乗り換えが必要になります。
その、乗り継ぎの場所に何日か滞在できるというのがストップオーバーです。
つまりシカゴに着くのは明日だけど、シカゴから飛ぶのは5日後、なんてことが可能になります。
お得にもう1都市行けることになるんです!
僕が3月に南米に行った時は、行きはシカゴ、
帰りはNYでストップオーバーしてカナダ寄ったりしたので
南米のついでに北米も2週間くらいかじれました。お得!

航空券によって1万円くらいとられたり無料だったり様々ですが、これはかなりオススメ!
ぜひ活用しましょう・ω・
アメリカ行くのに中国で2カ月ストップオーバーして、
その間にアジア回ってからアメリカ行くなんてこともできそうですね


2、海外のサイトを使う
海外の格安航空券比較サイトを使った方がお得な場合があります。
ヨーロッパ域内での移動などがそうです。
海外→海外のフライトはこれがおすすめです。
SkyScanner
格安フライト   skyscanner.jp による無料フライト比較
日本語対応してて使いやすい
とりあえずこれで調べとけば間違いないと思う。
スマホのアプリもあり、アプリから予約までできて便利。


また、あまり使ったことはないのですが、日本→アメリカのフライトとかはこれがお得だったりします
CheapFlight
cfs.jpg
海外のサイトがお得なのは、日本特有の休み(GWなど)で価格が高騰する時です。
日本では休みでも海外では平日だったりしますからねー。


こんな感じでしょうか。
特に海外のサイトは他にも色々あるんだろうと思うので
知ってる方はぜひ教えて下さいヽ(・∀・


このエントリーをはてなブックマークに追加
21:45 | tips for trip | comments (15) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

南米ひとり旅で得た6つのこと、失った2つのこと

南米ひとり旅で得た6つのこと、失った2つのこと

crestock-265373-1680x1050.jpg

3~4月に南米に行ってしばらく京都に帰って来た時、
「南米で何を得た?」とか「南米行って何が変わった?」
てなことを良く聞かれました。

一応毎日日記もつけてたし、話すことがなかったわけではないんですが、「何だろうなぁ・・」と考えこんでしまうことが多かった。
だから期待して聞いてくれた人には申し訳ないことに、あんまし満足な答えを返せなかった気がします。

1カ月毎日色々あって、自分の中で整理がついてなかったからだと思う。
帰国して1カ月弱くらい経った最近になって、やっと少し見えてきた気がします。
最近は時間があるので色々とぼんやり考えてたので。
まぁぶっちゃけ『深夜特急』の著者、沢木耕太郎の新著『旅する力』を読んだのが大きい気がしますが。笑
だからこの記事もだいぶ影響されてます故ご了承を。

もちろん1カ月の南米(+半月の北米)旅行でたくさんのものを得たなっていう想いはあるんだけど、一方で失ってるものもあるなというのが本音。
そのへん両方書いてみようかなって思います。

得たこと

・自分が日本人であるという強い実感

samurai2.jpg

大げさかもしれないけれど旅する人って少なからず国を背負ってるって面あると思うんです。
色々な地で色々な人と出会い、行動する。その人との会話や行動で何か感じた時にやっぱり初めに頭に浮かぶのってその人個人の性格と言うよりも、国籍。
「やっぱりフランス人て紳士だな」とか「ボリビア人て案外シャイなんだな」「イスラエル人旅行者てこんなにうるさいのか(笑)」などなど。
そう意味で、知らず知らずのうちに、僕らの発する言葉、行動で他国の人の日本に対するイメージが作られてくことって往々にしてあると思う。
今まで、よく海外行くし「日本嫌いなの?笑」とか「ノリが日本人ぽくない」とか言われることも結構あったんですが、この旅を通して「やっぱり自分は日本人だし、この国が大好きなんだな」と強く実感しました。
そして、多くの人に日本について知って欲しいし、良いイメージを持って欲しい、あわよくば訪ねて欲しい、という気持ちがどんどん強くなってきた。
勝手に日本発信大使、的な笑

海外の一流大学(米国のアイビー・リーグなど)への留学者数とか見ても、やっぱり日本のプレゼンスって今、少し低いのかなって感じます。
将来は日本のプレゼンスを上げたり、日本を元気にしていけるような仕事していきたいな、と思ったのもこの旅に行ってからです。

・出会い

P1240358.jpg
(ウユニにて。みんな日本の方)

毎度旅に出るとたくさんの出会いがあります。
今回も例外ではありませんでした。
ただ今回少しびっくりしたのは日本人との出会いがすごく多かったってこと。
春休みの期間てのもあって、南米には驚くほど日本人がいました。
ボリビアのウユニ塩湖なんて80%くらい日本人なんじゃないの?て感じでしたし笑
旅先では日本人との行動を避けるって人もいるみたいですが(僕も昔はそっちに傾いてました)、それってすごくもったいない気がします。やっぱり長期で旅に出てる人って話してすごく面白い人が多いし。なにしろ日本人てだけで安心感が違う←これはほんとに!!
もちろん面白い人が多いってのはどこの国の人も同じ。

2年間旅する京都の大学生、家族で1年間車で南米を周っているスイス人家族、NASAで働くアメリカ人、アメリカ海軍を16年間務め上げ世界一周してる人、EUを辞め半年南米を周遊してるフランス人、などなど。
本当に色々な人がいました。
そうした人と出会い、話し、行動することで、毎度すごく刺激され、「こんな生き方もあるのか!!」と、自分の人生の選択肢ってのがどんどん広がっていった。
そうした人とはぜひまた再会しようということになるし、特に海外の人であれば、その人の国を訪れてみたいと思うし、それが次の旅につながっていきます。
旅先で出会う人とは、短期間で深い仲になりやすい気がします。


・国と国は本当につながってるんだなというリアル

P1240529.jpg
(ペルーとボリビアの国境の門)

南米行く前にも色々な国は行ったんですが、国境越えはほとんどが空路だったので国境てのは何かいつの間にか越えてて、国と国が隣接してるって実感はなかった。
けど今回ボリビア→ぺルー→エクアドルの国境を全て陸路(バス)で越えたことで、地図上ではつながってるけど、国と国って本当につながってるんだなぁ・・っていうのをひしひしと感じた。
一応ライン的なもんあるんだけど、それをえいって越えたところで景色が一変するわけでなく、人の顔とかも似たような感じ。通貨を換えて初めて「あぁ国が変わったんだなぁ」と感じる。
これ国境が100m先でも変わんないんじゃないの?とか思うと国の定義ってのが良くわかんなくなってきますね。
なんというか、国境ってそんな大層なもんでないんだなぁと。
アメリカからメキシコに飛んで、中米を下って行ってパナマからパナマ運河を越え、コロンビアからベネズエラへバスで行き、そこからアメリカ経由でロンドンに飛べば北米南米欧州行けるなぁといった様な発想が出てくるようになりました。

・だいたいどこでも生きていけるなという自信

P1250707.jpg

南米は安宿に泊まると、必ずしも温水シャワーがあるわけじゃないし(南米て案外寒かったりするんですよ!!)、アマゾンに至ってはアマゾン川が風呂場だったり。笑
そんな感じの環境で生きてると日本で育まれてきた自分の許容できる最低限の生活ラインてのがどんどん下がってくる。
別に部屋汚くたって、ベッドがあって温水シャワー出るだけ幸せだなぁとか。
まぁ住むとなるとまた別なんだろうし、生活環境に関してはあの名高いインドにまだ足を踏み入れてないので言えるのかもしれないですが(笑)、少なくとも出発前よりも耐性はかなりついたんじゃないかな。

・原風景

P1240539.jpg
(ペルーのボリビア国境付近の田園)

天国の様なウユニ塩湖、荘厳なマチュピチュ、ガラパゴスのクルーズ船のデッキから見た満点の夜空などなど。
写真でしか見たことのなかった美しい風景が、今は強い実感とともに自分の中に根付いてる。
また有名な景色じゃなくとも、ボリビアの可愛い子供たち、ペルーの国境付近の名もなき田園風景なども、鮮やかに自分の脳裏をめぐってく。
そういった景色を見れたことで何があるってわけじゃないけれど、それでも若いうちにそういったものを自分の目で見れたのはやっぱり良かったなぁと思います。

・『旅する力』

P1280504.jpg

言葉は本からのパクリ。
純粋に旅する力はついたなって思います。
新しい街に着いたらまず寄ってくる客引きと交渉したり、自分で歩きまわったりしてホテルやツアー探し。地図を見ながら街を歩き、安いスーパーを探して食料調達。値引きのコツなどなど。
そういう行動面だけじゃなくて、新しい出会いを惹きつけるにはやっぱりオープンでいることが大切とか、ここまではOKでここからは危ないなといった危険との距離感とかも自然と身についてきた気がします。
あとひとり旅だと自由な分、全て自分で決めなくてはいけない。何時に着きたいから何時のバスに乗って、そのために朝は何時に起きなくちゃいけない、予約はここでしかできないから前日に早めに行っとかないと・・などなど。
自由って響きはいいけど楽なことばっかじゃない。それを含め楽しめるようになれば一流なんでしょうね(・ω・
ともかく、大抵の国は一人で旅して回れるなという自信はつきました。


失ったこと

・日本での時間

391977_252095261510598_100001303775512_614497_947004349_n.jpg

当然ですが、しばらくの間海外へ行くってことはその間日本にいれないってこと。
もちろん日本にいればやんなくちゃいけないこととか大変なこともあるだろうけど、楽しいことだってたくさんある。
海外飛びまわるとかって華やかに見えるけど、その分日本での楽しい時間、大事な友達や家族との時間を捨ててるんだなぁとしみじみと思いました。
今はTwitterやらFacebookがあるから離れた場所にいてもあまり距離を感じなかったりしますが、それでもやっぱり対面で話すのとは全然違うと思いますし。
まぁ一カ月半離れたくらいで大げさだとは思うんですが(笑)
これが1年とかになると・・

・落ち着き
うまく表現できないんですが、どこにいてもここは仮の場所なのかなという感覚。
例えば今だったら大学行ってて一人暮らしだから、家があってもせいぜい4年。
分かってはいるけど、ここもそのうち離れるんだなって強く思うようになった。
物についても同じで、結局家が変わったらこれもいつか捨てるんかなぁと思うと買う時ですら少し虚しくなってくる。
必要最小限のものさえあれば生きていけるよなぁって。

ま、とか言いつつまた物買っちゃうんでしょうけど(・・;)


今のところこんな感じでしょうか。
でも自分の中でまだ南米で得た、沢山の経験の点が線になった実感はないです。
まだかかるんじゃないかなー
前述の沢木耕太郎も自分の1年間の旅を書にしたのは10年後でしたしね。
旅ってセミナーとかみたいに「これ得よう!」と思ってはいっ、て得られるようなもんでもないと思いますし。
点が線になったと感じた時に、また書いてみようと思います。
今日はこのへんで!


旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)
(2011/04/26)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
00:13 | tips for trip | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

大学生のための、日本の脱出方法2 ―安く航空券を買う方法

大学生のための、日本の脱出方法2
安く航空券を買う方法 part~いつ買うか~

大学生のための、日本の脱出方法1 理由は何でもいい
に引き続き。


qf_1.jpg

行き先/期間を決めたら、航空券を買いましょう!

賢い航空券の買い方と書いたものの、僕もまだ勉強中で、ここに書いてるものがベストとは言い切れません。
そのことを念頭に読み進めていただければと思います。
*ちなみにの記事は、HIS等で販売してるツアー旅行ではなく
航空券は自分で買って、渡航先での宿泊やプランは自分で確保するという旅を前提に書いてます。

1いつ買うべきか

do-it-now.jpg

旅行に行くと決めたらなるべく早く、です。
行こうと思っていても、航空券をとらずにいるとバイトやら遊びの誘いやら
何かと用事が入りぐだってしまったということはよく聞きます。
だから行くと決めたらなるべく早く航空券を取ることをオススメします。
取っちゃったらもう行くしかないんですから(笑)
宿やら細かいプランやらは旅行が近づいてから決めたらいいんです。
基本的に早く取った方が安くとれます。直前に空きがあると安くなったりしますがそれはリスク高いですしここでは考慮にいれません。

とはいえ早すぎてもまだ航空券が出てなかったりするので
早くて半年前、2~3カ月前が適正というところでしょうか。
(時期/地域にもよりますが少なくとも空席照会等は早めにしてみるべき!)


2格安航空券の書い方

bebf3a5c25ec9f8042082db069d0149455fa55de_m.jpg

格安航空券とは簡単に言えば、帰りの日程変更ができなかったり
マイルの積算率が低めに設定されている代わりに値段が手ごろな航空券を言います。
詳しくはこちらを参考にしてください

  格安航空券とは何なの? 『格安航空券の達人』

僕は航空券を買う時は、格安航空券比較サイトで値段を調べ、それに載ってる旅行会社から航空券を買います。
使うのは主に以下の2つ。

トラベルコちゃん
→インターフェースが簡潔で使いやすい。こっちの方が安いのが多い気がする
AB-Road
リクルートが運営するサイト。たまにトラベルコちゃんより安いのがある。

他にもEXPEDIAなどありますが、基本的にこの2つで調べて
安かった航空券を扱ってる旅行代理店に電話してみます。
サイトには載ってたけどもう売り切れてた、ということはよくあるので
空席照会だけでも早く電話をかけてみましょう。
(早くしないとなくなりますよ、と急かされることが多いですが笑)

航空券についてよくわからないという人は、とりあえず旅行代理店に電話してみることをおすすめします。
色々教えてくれますし、また無料で色々なパターンの見積もりも出してくれます。


次は知っておくと便利な、ストップオーバー/オープンジョーについです*
このエントリーをはてなブックマークに追加
15:29 | tips for trip | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

大学生のための、日本の脱出方法1―理由は何でもいい

大学生のための、日本の脱出方法1
『どこに、どれくらい行くか』

IMG_1500.jpg


大学に入ってから20カ国弱くらいは行ってきました。
もちろんいくばくかのお金と時間は必要だけれど
海外へ行くことは、多くの人が思ってるほどハードルは高くない、
4大陸、約25カ国を旅してきて、そう思います。

大学にもよるけど、大学生って総じて時間はあると思う。
社会人になったら1カ月とか休みとんのって結構大変なんじゃないかな

てことで、時間があるいま、海外行っときましょ!
行く理由はみんな様々だろうし、僕が海外に行く理由はまたそのうち!

1、理由は何でもいい
294994_203965532990238_100001303775512_476677_4321995_n.jpg


アンコールワットの朝日が見たいからカンボジアへ。
ウクライナは美人が多いらしい、とか野生のゾウがみたいからタンザニア。
旅人に優しいと聞く中東。
とりあえずインド、なんてのもいいと思います。
別にフランス行ったからと言って必ずパリ行ってエッフェル塔見なくちゃいけないわけじゃないし
自分の旅の行き先/目的は自分で決めたらいい。
とにかく行こうと思えることが大事です。

2、どんくらい行くか

P1230951.jpg

これはぶっちゃけ決めなくてもいいと思います。w
片道の航空券だけ買ってお金が無くなったら帰る、なんて人も結構見ました。

けど僕も含め、普通は時間の制約がある人が多いはず。
航空券とるにしても、帰ってくる日は決めなくちゃいけない。
ただ、行くなら時間の許す限り長く行った方がいいと思います。
基本的に航空券は有効期限が決まってて、その期間内であれば
どれだけ行こうと値段は変わらないから。

例えば僕は今この記事を南米旅行中にエクアドルで書いてますが
今回の航空券はたしか1泊~2か月有効というやつでした。

つまり南米に2週間いようが1カ月半いようが航空券は同じ値段なのです!
しかも南米は日本より格段に物価が安い!!
(基本的に世界のほとんどの国は日本より物価が安いと思って良いです)
ということで長くいた方がお得なのです・ω・

加えて、やっぱり長期で行った方が(できれば1カ月以上)、幅広くかつディープな経験ができるんじゃないかなと思います。
また旅行中は自分や日本を振り返ることも多く、自分の過去やこれからどうするかを考える良い機会になると思います。


次は、航空券の取り方について書いてみようと思いますー
このエントリーをはてなブックマークに追加
12:42 | tips for trip | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

タダでコロンビア入国

P1230642.jpg
(ボゴタ→ラパス間で載ったAvianca航空のCA.。なんか南米っぽくてテンション上がるけどこれ機内入ったら一瞬でとっちゃうw)


先の通りマイアミ空港で一泊するはめになり
便がマイアミ→ラパス(ボリビア)
から
マイアミ→ボゴタ(コロンビア)
ボゴタ→ラパス
に変更になったため
コロンビアにタダで入国することができました!


とは言うものの
乗り換えが5時間ほどしかない&高度が2500m上がってしんどい
ということでぐったりしてたんで何もしてないんですがw

P1230632.jpg

(空港から一瞬出たとこの風景)
コロンビア!コロンビア(・∀・)!

まーでも
ちゃんとスタンプもらいましたし
P1240518.jpg

行ったことある国リストにはきっちり加えますけどね!
「コロンビア?行った行った。うーん、まぁ割と高度高いよね、あそこ。」

次はいよいよウユニです!!!!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
21:18 | tips for trip | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ブログパーツ